7月28日【七十二侯メルマガ】土潤溽暑の養生

◆土潤溽暑 -つちうるおうてむしあつし-

七十二候(三十五候・大暑次候)

7月28日~8月1日

 

暑気が土中の水分を蒸発させて蒸し暑い頃、という意味。


溽暑(じゅくしょ)は、

蒸し暑いことを意味します。

 

土に水分がたっぷりと含まれ

それが熱気となって空気中に上がり

私たち人間の体にもまとわりつく頃。
 

20130719_658682.jpg 
 

打ち水などをして暑さをしのぎます。

 

熱せられた地面から

ゆらめきが立ちのぼる

陽炎(かげろう)が見える頃ですね。

 

雑節では7月20日に

「土用の入り」を迎え

立秋までの18日間が「夏の土用」でしたね。

 

五行で言えば「土」の期間中です。

 

陰と陽が重なる、不安定な土用の季節に相当します。


立春、立夏、立秋、立冬の

前18日の計72日が土用の期間。

 

次の季節への準備の時期とも言えるので

一つ前の五行「心-夏」の季節、

小腸の疲れなども出やすい時です。

 

「土」は、人の身体では

膵臓・胃に相当します。

(食べ物から生命エネルギーを生成する臓器)


陰陽五行では、

物事の移り変わる4つの層の「中心」です。


中心が定まることで、

効率よく全身の機能を活かせる様になります。

 

この時期は、新月と満月の時同様

身体の浄化作用が現れる時でもあります。 

 

酵素や甘酒でのプチ断食なども良いですね。

 

そして甘味が対応する時期となります。


toumorokosiyoko.jpg
 

甘味でも、漂白された白砂糖の摂取を控えます。

 

自然の甘さ、酵素の甘さが良薬です。


ご飯、南瓜、栗、さつまいも、とうもろこし、キャベツ

真の有機野菜は、

土作りの基本がきちんと行われています。


細かく刻まれた生ゴミ

年月をかけてじっくり発酵

素晴らしいたい肥


発酵は生命の輝きです。

 

すなわち腐敗(死に向かう)の反対語。


生命の輝きを取り入れた本物の野菜は、

それだけで心と体に最高の食材になる。

images (6).jpg 

温暖化などの影響で、

四季の移ろいにも

変化が感じられますが

そんな時代こそ、

暦を意識し、

自然の声を聞きながら

生きていきたいものです。
 

 

季節を意識しながら

定期的に体と心のメンテナンス

ホリスティックボディ(全体的なカラダ)を

チューニング(調整)する事で…

 

リシェスに通いはじめたお客様から

「体はもちろん心がすっきりして毎日の感じ方が変わりました!」

と喜びの声を先日いただきました。

 

痛くなってお越しいただくよりも

定期的にお越しいただく方の方が

人生も断然進みやすくなっていきます。

 

ホリスティックボディ・チューニング療法を

上手に活用していただけるとうれしいです。

 

≫人気のアメブロはこちら

 

==============

 

ホリスティックボディ・チューニング療法

Salon de Richesse*リシェス*

820-0082

福岡県飯塚市横田461-1

マルトミコーポ102号

代表 まつうら かづみ

 

≫ホームページ

≫フェイスブック

==============

 


★新規受付は現在中止しています。(半年以内の再来店の方とご紹介のみ)

★当日受付はいたしておりません。

★TELでの受付は致しておりませんのでご了承ください