7月23日大暑メルマガ記事

7月23日

◆二十四節気「大暑」

(7月23日~8月6日) 
 

◆七十二侯≪初候・桐始結花-きりはじめてはなをむすぶ-≫

(7月23日~27日)

 

“暑気いたりつまりたるゆえんなれば也”


大暑(たいしょ)とは、

快晴が続き気温があがり

暑さが最も厳しくなる時期を示しています。

 

securedownload.jpg 

この日から、

8月7日の立秋までを

暦の上で「夏」といいます。

冬に眠っていた種が春に芽生え

最も成長するエネルギーの高まる季節とされています。

 

自然のエネルギーが一番高まり

変化の多い時期とも言えます。

 

まず、梅雨に始まり

照りつける太陽と突然の雷雨

時には豪雨などの激しい現象も見られます。

 

活発になるのは自然だけでなく

私たち人間も同じです。

 

夏は、五行では「火」にあたります。
五臓では「心」
六腑では「小腸」

images (2).jpg


夏は、心臓の動きが活発になり

血液の循環もよくなります。


『心』の調子がよければ、

最もアクティブに活動できます。

 

「心」が弱っている時は、苦みを欲します。

 

この時期「ビールが美味しい!」

と感じる場合は、

少し注意が必要かもしれません。

 

下降気味の体力を養うように心がけましょう。

 

また、『小腸』」も活発になる時期ですので

食べ物の消化吸収もよくなります。

 

夏ばてになってしまった人は

食欲がなくなりますが
そんな体調不良にはやはり夏野菜です。

 

夏野菜といえば…

トマト・ナス・キュウリなどがとれます。

 

夏野菜は体を熱を循環する

自然の冷却材です。

img_2.jpg


さらにいつでも最高の働きを

してくれるのが「梅干」です。


梅干は不足しがちな

・塩分の補給

・疲労回復

・食欲増進

すべて行ってくれます。

 

夏バテになった時は

梅干をなめていると

復活しやすいです。

あと血液を循環させるためには

呼吸法がよいのですが、

一番良いのは「笑う」ことです。


笑いは横隔膜が振動して

血液をくまなく循環させてくれます。

 

そして、リシェスオリジナルの

エネルギーまでチューニングする

オイルトリートメントで

気の流れを良くすると

血流やリンパ液の流れも良くなります。
 

定期的な体と心のメンテナンスは

このような時期ごとの変化に

ホリスティックボディ(全体的なカラダ)をチューニング(調整)する

意味でも欠かせないのです。

 

痛くなってお越しいただくよりも

定期的にお越しいただく方の方が

人生も断然進みやすくなっていきます。

 

ホリスティックボディ・チューニング療法を

上手に活用していただけるとうれしいです。


≫人気のアメブロはこちら

============= 

ホリスティックボディ・チューニング療法

Salon de Richesse*リシェス*

820-0082

福岡県飯塚市横田461-1

マルトミコーポ102号

代表 まつうら かづみ

≫ホームページ
≫フェイスブック

=============


★女性専用(男性不可)

★当日受付はいたしておりません。

★TELでの受付は致しておりませんのでご了承ください