二十四節気【立夏】

ゴールデンウィークもあと僅かですが、楽しくお過ごしでしょうか?

 

中国では、奇数の重なる日が縁起が良いとされ、五月五日は「重五(ちょうご)」の日といって、もともとは病気や厄を払う日だったそうです。

 

現在では、江戸時代に男の子の成長を願う行事として定着し、鯉のぼりを飾るようになりました。

 

ちなみに、鯉のぼりの上には五色の吹き流しがあります。

 

この五色は中国古来の五行説に基づく色で、自然界の五つの要素である「木・火・土・金・水」を表す 「青・赤・黄・白・黒」の五色が元になっています。

 

一番上の矢車とともに、厄除けの意味合いがあるそうです。

 

未来を担う子供たちには、青空になびく鯉のぼりのように、のびのびと育って欲しいですね。                          

二十四節気【立夏】 

 

‘夏の立つがゆへ也’(暦便覧)

 

5月5日は二十四節気の【立夏…早くも暦の上では「夏」がやってきました。

 

夏の三ヶ月は「蕃秀(ばんしゅう)」と言います。

 

「蕃」とは草木が生い茂ることを言い「秀」とは穂が出て花が咲くという意味で、万物が繁栄し、花咲き実る季節です。

 

夏至に向けて昼の時間がだんだん長くなっていくため、ついつい夜更かししがちになりますが、朝は早起きして体を動かす生活を続けていくと、新陳代謝が活発になると言われています。

 

またこの時期は日差しも強くなり徐々に暑くなりますが、イライラせず、楽しく過ごすことが大切です。

 

植物が開花するように、気持ちも外に向けて、上手に発散させていきましょう。

 

~~ 季節のおすすめ簡単レシピ ~~

 

《 かつおのたたきと玉ねぎのサラダ 》

 

☆材料(二人分)

 かつお(たたき用):300g

 サラダ油:小さじ1

 玉ねぎ:1/2個

 おろしにんにく:小さじ1/4

 おろし生姜:小さじ1/2

 万能ねぎのみじん切り:適量

 ポン酢:適量

 

☆作り方

 1.玉ねぎはごく薄くスライスし、水にさらして辛味をとり、水気を切っておく。

 2.フライパンにサラダ油をひき、かつおの表面を30秒~1分程度焼き、約1cmの厚さに切る。

 3.1を器に盛りつけ、2をのせる。

 4.食べる直前に、おろしにんにく、おろし生姜、万能ねぎのみじん切りとポン酢を混ぜたものを上からかける。   

   

☆かつおの美味しい時期になってきました。

 気血を補うかつおと、巡らせる玉ねぎの相性は抜群。

 消化吸収を高めて、疲れを吹き飛ばすメニューです。

 

さあ、夏に向けて心と身体を軽くしましょう!!

 

ホリスティックにボディケア出来るリシェスのメニューは→こちら←


★女性専用(男性不可)

★当日受付はいたしておりません。

★TELでの受付は致しておりませんのでご了承ください