1月5日小寒の養生

二十四節気 【 小寒(しょうかん)】

 

‘冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也’(暦便覧)

 

今日の小寒より「寒の入り」となります。

つまり1年で寒さが最も厳しい時期・・・

 

お正月休みも終わり、仕事へ向かう足取りが重くなる時期でしょうか(笑)

 

 

「小寒」から「立春」までの間に、寒中見舞いを出して相手を気遣うそうです。

 

 

厳しい寒さにより身体の冷えも強くなるため、体力や代謝も落ちてきます。

 

身体の温めパワーを高めると同時に、血行を良くして【冷え知らず生活】を積極的に実践していきたいものです。

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 

≪冬の寒さから身を守るライフケア≫

 

1.3つの「首」を冷やさない

 

身体のくびれた部分は表面近くに太い血管が

走っているため効率的に血流改善が出来ます。

「首」「手首」「足首」の3つのポイントを

冷やさないよう、しっかりガードしましょう。

 

 

2.温め食材を上手に利用しましょう

 

生姜やニンニク、ネギなどの辛味野菜は

血巡り力を高める食材です。

積極的に摂り入れ、身体に溜まった冷えを追い出しましょう。

 

 

3.ココロとカラダをゆるめましょう

 

ストレスでココロやカラダに緊張が続いたり、

同じ姿勢が続くと血の巡りが悪くなるため、冷えやすくなります。

適度な運動や気分転換で、こまめにストレス解消をしましょう。

手軽にできるツボ押しなどもおススメです。

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 

 

さらに、あさって一月七日

 

「人日(じんじつ)の節句」

 

一般的には【七草粥】を食べる日となっています。

 

 

この「人日」、中国より伝わった風習だそうで、正月一日から六日は獣を、七日は人を占う日とし、七種の野菜が入った羹(あつもの)を食べて、邪気を祓ったのが起源ともいわれます。

 

 

「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」

 

 

陽の気が目覚めるこの時期に 、大地から芽吹き始めた七草を身体に取り入れることで新しい年の無病息災を願います。

 

日本は風習の中に生きるヒントが隠されていて、知ると面白いですね。

 

 


★新規受付は現在中止しています。(半年以内の再来店の方とご紹介のみ)

★当日受付はいたしておりません。

★TELでの受付は致しておりませんのでご了承ください