12月22日冬至の養生

『日南の限りを行て日の短きの至りなれば也』

(暦便覧)

 

12月22日は二十四節気の 【冬至(とうじ)】。

一年で、一番昼が短く夜が長い日です。

 

「復活の日」「甦りの日」とも言われ

節目の時期とされ、陰のパワーが極まる時期です。

 

この日を境に陽(ひ)が長くなるということから

古代では、一年の始まりとされていました。

 

古来より、この時期には

【古くなったエネルギー】を脱ぎ捨て

新しいエネルギーを取り入れる様々な風習があります。

 

日本に生まれ育った私達…

たまには先人の知恵を借りて、季節を感じながら

節目を過ごすのも良いかもしれませんね。

 

+*+*+* 冬の生命を養う風習+*+*+

 

≪ 柚子風呂 ≫

 

冬至といえば柚子湯。

柚子を丸ごと2~3個、湯船に浮かばせて

バスタイムを楽しみましょう。

(柚子のエッセンシャルオイルでもいいですね)

 

柚子はこの時期の冷えた身体を芯から温めてくれるので、

冷え症の体質改善に最適です。

 

また、香り豊かな柚子には肺を潤す働きもあるので

咳や痰などの呼吸器系トラブルの改善や

風邪予防にもよいでしょう。

 

柚子の明るい色と清々しい香りで気分もリフレッシュ。

一年分のストレスを吹き飛ばしましょう。

 

≪ 冬至かぼちゃ ≫

 

「冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かない」

と、昔からいわれてきました。

かぼちゃは、身体を温めて、生命エネルギーとなる

「気」を補ってくれる代表的な食材です。

 

かぼちゃは収穫されるのは夏ですが

保存もきくことから、この時期の大事な栄養源として

重宝されてきました。

 

小豆といっしょに煮るレシピが定番ですが

これは、小豆の赤が邪気を払うと

考えられていたためと言われています。

小豆には身体に溜まった余分な水分

(要らなくなった古い体液)を追い出す働きがあるとされています。

 

まさに、新旧を入れ替える節目の日には

理にかなったものといえますね。

 

…でも、私はかぼちゃが苦手なので

遠慮させていただきます(笑)

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 

 

自然のリズムに沿った先人たちの

暮らしの知恵は現代の私たちにとっても、

生命力を高める大事なメッセージの宝庫といえます。

 

季節ごとに、上手に取り入れていきたいですね。


★新規受付は現在中止しています。(半年以内の再来店の方とご紹介のみ)

★当日受付はいたしておりません。

★TELでの受付は致しておりませんのでご了承ください