一家に一本のひまし油

●ひまし油の全て 目次●

 

①ひまし油とはなんぞや??

②ひまし油の原材料とうごまは猛毒??

③ひまし油の品質

④ひまし油 最近の研究と波動療法+第一人者福田先生

⑤ひまし油湿布の方法+プロスタグランジン

⑥ひまし油湿布に期待できるもの

⑦不飽和脂肪酸なのに酸化しにくい構造

⑧ひまし油だけが持つリシノール酸

⑨ひまし油とスキンケア

⑩ひまし油と傷(傷跡)の治癒

⑪ひまし油、その他の癒し

⑫LOOSEの品質&安全性

 

 

今回「ひまし油」について記事を書くにあたり、各種文献その他のことも、ケーシー療法やひまし油に詳しい、クシロ薬局の尾崎氏に詳しく伺い取りまとめさせていただきました。

薬事法関連のチェックまでしてくださり素晴らしい方です本当にありがとうございました。


ひまし油のご注文はこちら


LOOSE 無農薬・低温圧搾 ひまし油



ひまし油のご注文はこちら


低温圧搾で高品質なひまし油 

 

用途:ひまし油湿布・傷や炎症への塗布・顔の保湿・腹部マッサージなど

 

有機栽培されたインド産のトウゴマの実を丁寧に熱を加えないようにゆっくりと圧搾する事で、自然の香りと優しい波動のひまし油が完成します。

 

熱で皮膚に浸透するオイルですので、品質・波動ともに良いものを選びたいものです。

 

リシェスで推奨している、エドガーケーシー療法でも多く用いられ

・ひまし油湿布

・オイルマッサージへのブレンド

などが推奨されております。

 

効能は効かないものは無いくらいに多機能で、一家に1本常備しておくと大活躍間違い無しです。

お薬を使う量も減ってきますよ。

 

また、こちらの「ひまし油の全て」を読んで頂ければ分かるように

*遮光されていること

が高品質を保つ上で欠かせない条件となっております。

 

人間の使いやすさを追求すれば、ポンプもある軽量なプラスチックボトルを採用すべきでしょう。

 

しかし、リシェスは「自然治癒力を阻害するものは排除する」がコンゼプトのサロンですので、「使いやすさ」ではなく「高品質」の維持を重視して、重たい・ポンプも100ml用しかないのに、あえて「遮光瓶」を容器として選択しております。

 

もちろん、経費もかかりますが全ては効果を発揮できる上質な商品をお届けするため。

この、コンセプトをご理解の上「使いづらさは高品質の明かし」として、使っていただければ幸いです。

 

と言っても、慣れてしまえば使いづらさもないですよ。

使いやすさの裏に隠れた「メリット」「デメリット」を知った上で商品をお選びください


ひまし油のご注文はこちら


上記の「ひまし油の全て」シリーズのPDF

無料でダウンロードできます。

是非、お受け取りください。

お友達にも、教えてあげてくださいね。

 


★新規受付は現在中止しています。(半年以内の再来店の方とご紹介のみ)

★当日受付はいたしておりません。

★TELでの受付は致しておりませんのでご了承ください